ヴィトンというブランドには不思議な力があります。いくつになっても欲しいと思ってしまう魅力があるなって思います。

ヴィトンというブランドは特別です

ヴィトンというブランドは特別です

ヴィトンというブランドはまた別物です。

ヴィトンは、かなり有名なブランドです。日本で一番有名な海外のブランドだと思います。お年寄りから若い世代まで、このブランドを知ってる人は多いです。群をぬいて多いんではないでしょうか。もともとそんなに浸透してなかったんだと思うのですが、バブルのころに、爆発的に知られるようになったんだと思います。私もその時に初めてこのブランドの名前をしりました。今と価値観が全然違う時代に、誰もが結構お金を持つことのできた時代だと思います。なので、特に海外の有名ブランドは手が出なかったのが、一気に買うようになったんですね。円もすごく高くなったので、海外旅行にいくのも簡単にいけるようになり、向こうでの買い物っていうのもすごく安く買うことができるようになったんです。そこで、ブランドの代名詞でもあるヴィトンがすごく有名になったんですね。大学生が持ち始め、高校生ももつような時代になっていきました。あんまり縁はなかったですが、その存在は知るようになりました。

でも、みんながもってるから、持つのってって思っていたので、このバブルのころには持たなかったです。買えるようになったとはいえ、すごく高級なものであることには変わらなかったです。手が出せなかったですね。社会人になって、やっとお給料がもらえて、ボーナスもでて、はじめて海外で購入しました。ずっとあこがれの存在ではありました。欲しいけど買えないので、ちょっと安めのものをよそのところで購入とかよくしてました。でもやっぱり、本物は違いますね。その存在感っていうのが違うなって思います。使い勝手とかはあんまり考えずに、小さいボストン型のものを買ったんですね。お出かけのときには使っていました。大事に使ってちあので、型崩れとかもないです。でも、こういうのはくたびれるくらいにつかいこむのがいいんですけどね。この年になっても、まだ欲しいと思ってしまうほど、その魅力っていうのはなんだろうって思います。普遍のあの柄が、欲しいと思わせます。

噂のハナシが気になりはじめた人へ